東京ほのぼの放浪記

二次小説を書く練習で自作小説を連載中。節約してロードバイクを購入するまでの記録

カテゴリ: 新入社員との情事

大学を卒業して小さな食品メーカーに就職した。会社から郵送された新神戸行きの新幹線チケットを握りしめて東京駅に来ていた。 3月31日の東京駅は俺のようなスーツにスポーツバックという社会人になりきれていない新卒者でごった返していた。 博多行きの新幹線にたどり着 ...

非常階段に腰掛けて綾子と缶ビールを飲んだ。 リクルートスーツのタイトスカートから伸びる細い足が素敵過ぎる。 高台に位置するビジネスホテルなので4階でも夜景が一望出来る素敵な場所だった。 非常階段でばか騒ぎしたらホテルの人に注意されるかもしれないと言葉少な目 ...

綾子とキスをしながら手は太股の方へと忍ばせた。 ストッキング越しに伝わってくる温かさが俺の欲望を掻き立てる。 柔らかそうな胸元も触ろうとしたら 『ここでは駄目……』 と言われてしまったので綾子の部屋に行こうと言ったら黙って頷いてくれた。 みんなにバレ ...

綾子が服を脱ぐ後ろ姿を固唾を飲んで見ながら俺もスーツを脱いでいった。 そして、綾子はワイシャツを脱ぐとピンクのブラ紐が露わになった。 あぁ…正面から見たいなぁ…。 しかし、ビジネスホテルの狭い部屋では身動きも取れなくてあっという間にブラを外していた ...

浴室の中なら隣の部屋にいる同僚にもアレの声は聞こえないだろう。 そして、お互いに洗い合いっこをして綾子の体を触りまくる。 『あん!はあぁん!いやぁん!!』 綾子の満湖を入念に弄ると期待どおりの可愛い声を浴室に響かせてくれた。 大胆な綾子の可愛い声が ...

このページのトップヘ